警備会社と契約|鍵の紛失から始まる犯罪を防ぐ

防犯

契約して安心

鍵を持つ人

警備会社と契約する事で体調不良の時も役立つ

住宅の防犯性を高めるためには警備会社と契約する事が大切で、警備会社と契約する事によって犯罪に巻き込まれる事がなくなり安心です。警備会社と契約する事で泥棒などの侵入を防ぐだけでなく、体調が悪くなった時に警備員を呼んで救急車を呼んでもらう事が可能です。救急車を呼ぼうとした場合は電話をかける必要がありますが、近くに電話がない場合は救急車を呼ぶ事が困難です。警備会社と契約している事で緊急ボタンを部屋の多くに設置する事ができ、緊急ボタンを押すだけで巡回中の警備員を呼び出す事が可能です。ですから緊急時にはすぐに警備員を呼び出す事ができ、駆けつけてくれる警備員は緊急時の対応に熟知しているためスムーズに対処する事ができ安心です。特にドアノブや鍵に関する防犯は高めておいて損はありません。鍵を紛失した場合はドアノブの交換もしておきましょう。

外出中も住宅の安全を守るため安心

警備会社の緊急ボタンは優れており寝ている最中に泥棒が侵入してきた場合でも、音を出さずに緊急ボタンを押す事で警備会社に連絡を取る事が可能です。そのため泥棒に気づかれずに警備会社に知らせる事ができ、警察と共同で警備する事により泥棒を逮捕する事ができます。また緊急ボタンはトイレやお風呂などにも取り付ける事ができるため、トイレやお風呂などの狭い場所で転倒して怪我をした場合や体調が悪くなった場合でも安心です。また警備会社と契約する事によって取り付けられる防犯センサーは、不審者が住宅に侵入する事によって警備会社に連絡しますが、自分の携帯電話などにも連絡する事が可能です。そのため外出中でも携帯電話を持ち歩く事で安心です。

重要な役割

ガードマン

警備会社は住宅やオフィスの安全を守るために重要な役割を果たしていますが、犯罪を取り締まる以外の事も多く行なっています。ここでは警備会社がどのような仕事を行なっているのか解説していきます。

契約を結ぶ

一軒家

警備会社を活用する場合には、まずは警備会社との契約を結ぶ必要がある。警備会社に申し込みを行うと、そのサービス内容にもよるが、防犯カメラやセンサーの設置から行われる。

サービスを提供

カメラ

警備会社によっては市や区と業務提携してサービスを提供している事があります。この場合には一般客や企業に対しての説明ではなく、問い合わせや受付の一時窓口が市や区の担当者になっている事が多いので注意が必要です。